開国の父 老中・松平忠固
開国の父 老中・松平忠固

松平忠固年表

⑤ 老中罷免、そして突然の死
西 暦 和 暦 出来事
1858 安政5年 6/19 日米修好通商条約調印
6/20 直弼、登城せず、慶永と会談「あなた方の援助を頼む他はない」
6/21 忠固、堀田と共に登城停止
6/23 忠固、堀田と共に老中罷免
6/24 斉昭・慶永ら押しかけ登城 条約締結を抗議
7/1 家定、重体
7/5 斉昭・慶永ら登城停止及び謹慎
7/6 家定、死去 享年34歳
7/6 石河政平、御用取次を罷免・差控 本郷泰固も若年寄罷免・領地没収
7/15 斉彬、死去 享年52歳
7/18 日英修好通商条約締結 水野・岩瀬・井上・永井
8/17 斉昭(謹慎中)に戌午の密勅が下賜
9/3 日仏修好通商条約締結
9/5 岩瀬、外国奉行を罷免
9/7 直弼、摘発を強化(安政の大獄)
11/16 西郷、入水
12/24 孝明帝、条約調印を了解する勅諚
1859 安政6年 2月 政府、上田・会津・紀州藩の貿易を許可 中居屋を指定し輸出認める
2/24 井上と永井、外国奉行を罷免
2/29 上田藩士伊藤林之助、上田から江戸へ 3/4上田藩中屋敷到着
3/18 忠固、中居屋に面会
6/2 横浜開港 【003】
6/16 伊藤、横浜到着
6/19 中居屋開店。英国人来店・商談
7/22 中居屋、デント商会に生糸売却、2日間で年間輸出の4%
7/23 中居屋、ジャーディンマセソン商会に生糸売却 7000斤/回 【123】
8/27 斉昭、水戸にて永蟄居 家老安島帯刀切腹
8/27 岩瀬、居家籠居
8/28 水野、外国奉行を罷免
9/4 忠固、息を引き取る この日付で遺言状
9/5 忠固、隠居願提出
9/12 忠固、病死と届出 享年48歳
10/27 松蔭、刑死
10/27 石河政平、本郷泰固と共に隠居・急度慎 12月に切腹
11月 中居屋、営業停止命令
1860 安政7年 1/18 日米修好通商条約批准書交換のためサンフランシスコへ出発
3/3 桜田門外の変
開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 All Rights Reserved.