開国の父 老中・松平忠固

8月2019

【159】感動の合衆国大統領国書≫

ペリーが持参した大統領国書 全文

偉大なる善き友へ。

アメリカ合衆国海軍の最高位士官であり、貴帝国を訪問中の艦隊総司令官であるマシュー・C・ペリー提督に託し、この国書を謹呈する。

私は陛下と陛下の政府に最も親愛なる気持ちを抱き、提督派遣については、合衆国と日本が友好関係を築き、お互い貿易すること以外の如何なる意図もないことを、皇帝陛下にはっきり申上げるようペリー提督に命じている。

合衆国憲法と法律は、他国の宗教や政治に関する如何なる干渉も禁じている。

ペリー提督には特に、貴帝国の平安を乱す如何なる行為も差し控えるよう命じている。

アメリカ合衆国は大西洋から太平洋までつながり、我がオレゴン領とカリフォルニア州は貴帝国に相対する位置にある。

我が蒸気船は、カリフォルニアから日本まで18日で航海できる。

(さらに…)

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.