開国の父 老中・松平忠固

【123】日本初の外資系企業は≫

日本に初めてやってきた外資系企業

日本に初めてやってきた外資系企業をご存知でしょうか。

横浜が開港して第一着に入港したのは、オーガスチン・ハード商会という会社です。

貴金属商社なのですが、これは条約交渉をしたアメリカ総領事ハリスが、日本の小判(金)が世界と比べて異常に安かったことに目を付け、商会の支配人ドールを副領事にして換金で儲けようと連れてきた会社でした。

実際の商取引をする外資系企業は開港第三着・ジャーディンマセソン商会。

この会社こそ日本における外資系企業第一号、と言えるでしょう。

御開港横浜之全図

 

 

 

ジャーディンマセソン商会とは

ジャーディンマセソン商会といってもあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、現代でも世界最大級の国際企業グループとして存在していて、一番分かりやすいのは高級ホテルブランド『マンダリン・オリエンタル』でしょうか。

そして何といっても、現在でも世界トップ銀行の一つであるHSBCの設立者だということ。

【 wikipedia ジャーディンマセソン 】(香港上海銀行のwikipediaでは設立者ではない)

『HSBC』は『香港上海銀行』の頭文字ですが、当然中国の会社ではなく(中国はまだありませんし)イギリスの会社であり、アヘン貿易で巨大になったジャーディンマセソンが中国から本国へ送金するために設立したのがHSBCです。

 

 

 

開国直後から生糸貿易を開始

アヘン貿易によって莫大な利益を上げたジャーディンマセソン商会。

その東アジアを席巻する会社が開国した日本へ一番乗り(三番ですが)でやってきました。

そして、開国直後から膨大な生糸貿易を始めることとなります。

ちなみに、波止場に一番近い丸印の『英一番館』と呼ばれるジャーディンマセソンの商館を建てたのが鹿島岩吉。

鹿島建設の創業者です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.