開国の父 老中・松平忠固

11月2018

【104】江戸生まれ・江戸育ち≫

江戸生まれ

忠固は江戸生まれです。

実は当時の藩主の世継ぎは、その多くが江戸生まれです。

生まれも育ちも江戸で、家督を相続するまで地元に行ったこともない、という人も少なくありません。

忠固だけでなく、阿部正弘や島津斉彬もそうですね。

(さらに…)

【103】出身は譜代筆頭・酒井家≫

酒井家の次男

忠固は、文化9年(1812年)姫路藩第四代・酒井忠実の次男として生まれます。

この「次男」であることがその後の人生を大きく左右したと思えます。

なぜなら、当時の武家社会は家を相続できるのは基本、長男のみが許されていたからです。

(さらに…)

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.