開国の父 老中・松平忠固

【007】映画脚本≫

ドラマ・映画脚本を執筆

少し角度の違う開国史を知ってもらう為に脚本を書きました。

プロローグ

第1話 運命の出会い

第2話 黒船来航

第3話 孤立無援

第4話 ペリー上陸、開国

第5話 うつけ将軍

第6話 ロシア・イギリス、襲い掛かる列強

第7話 松平忠優、更迭

第8話 上海にて

第9話 盟友、死す

第10話 二重の陰謀

第11話 日米修好通商条約締結

最終話 万感の横浜開港、そして

 

 

中日新聞に掲載

60分×12話のドラマ脚本を2時間の映画版にまとめ、コンクールに出品しました。

残念ながら受賞はなりませんでしたが、作品を出品したおかげで拓殖大学の関良基先生や明倫会布施会長様、赤松小三郎研究会様や上田郷友会様などなど、本当に貴重なご縁を頂くことができました。

2016年(平成28年)7月7日には中日新聞にて脚本作品のことを取り上げても頂きました。

この場をお借りして、改めて心より御礼申し上げます。

 

 

 

目標は大河ドラマ!

なんとか映像化できれば・・・、目標は高く、目指せ!大河ドラマ!!(笑)

言うまでもなく、とんでもなく高い目標なので私一人ではどうにもなりません。

ぜひ皆さんの力をお借りしながら、皆さんと共に楽しみながら、この究極の目標クリアを一緒に目指しませんか!!

『大河ドラマを目指す会』発足も検討中です!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2022 All Rights Reserved.