開国の父 老中・松平忠固

【830】第2話 D2 『松陰、密航決意』≫

○象山宅
書き物をしている象山。
後ろに松陰、思い詰めた表情。
松陰「拙者・・・、拙者が習得します」
書き物に集中し、うわの空の象山。
象山「ん?」
松陰「拙者がきゃつらの技術を習得します、先生」
象山「ああ、学べ、学べ」
松陰「そのためには拙者、異国に行きまする」
象山「ああ、行け、行け、ん?」
書き物から眼を外して松陰を見る象山。
松陰、象山を凝視し、
松陰「異国に行き、この目でしかと学んできたいと思います」
象山「寅、貴様・・・」
その真剣な眼差しに圧倒される象山。
N「寅と呼ばれるこの青年が吉田松陰である。通称寅次郎。長州藩士でこの時佐久間象山の砲術塾の門下生であった。後に明治維新を成し遂げる高杉晋作や桂小五郎、伊藤博文らの師となる。また当時国外に行くことは当然認められていない。遭難した者さえ帰国することが許されない程で、国禁を犯した者は当然重罪に処せられる」
松陰の顔。
象山「そうか・・・」
松陰「・・・」
にやっと笑い、
象山「さすがに寅よ、貴様のその非凡の最たるところはその実行力よ、他の誰にもまねできぬわ」
見つめ合う松陰と象山。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.