開国の父 老中・松平忠固

【952】第10話 B4 『勝鬨』≫

○勘定方
勘定方数十人が座っている。
上座で演説する忠固。
忠固「一月十二日の第14回交渉を持って、交渉は妥結した。関税は輸入税が一般品目にて二割、酒類三割五分、食糧・建材・漁具が五分となった」
一同、歓声。
『おお、やったな』『さすが井上だ』『いや岩瀬殿はさすが昌平こう史上最高の頭脳と言われるだけはある』などの声。
忠固「喜ぶのはまだ早い。開港地であるが、長崎・函館と残り一港は神奈川となった。アメリカ側が執拗に求めた大坂開港は断固拒否し、認められた」
『おお』の声。
忠固「これによって海外との交易はすべて関東で管理できる。それはつまり商いの中心が関西から関東に移ることを意味する。公儀が完全に復活、いや、家康公当時より強化された江戸幕府が、ここに誕生する!」
一同、静まり返って、感動している。
官吏A「エイ、エイ、オォ」
と勝鬨を上げる。
勘定方全員による『エイエイオー』と繰り返される勝鬨。
目的達成した充実感で満ちている一同。
誇らしげな忠固。

 

○蕃書調所・外観
声「ミカド?」

 

○同・内
井上とハリス・ヒュースケンが交渉している。
井上「はい。帝に条約締結のお許しを得る必要があるので、2か月間調印は待ってもらいたい」
ハリス、驚き、
ハリス「ミカドとはなんです?私は大君に親書を渡し、大君の下で条約締結交渉を行ってきた。それなのにまだ許可を得る人がいるのですか?大君の上にまだ人がいるのですか?」
井上、やばいという表情で
井上「いえ、そういうわけではござらぬ」
ハリス「ではどういうことなのだ。大君は皇帝ではないのか?その帝というのはいったい何なんですか?」
井上「・・・」
答えに窮する井上。
井上「皇帝は大君に他なりませぬ。帝は言うなれば・・・、精神的皇帝です」
ヒュースケン、翻訳に困る。
ハリス「ミカドとは何なのだ?」
ヒュースケン「そうですね、井上の言うことをそのまま訳すとするならば、The Spiritual Emperor、精神的皇帝ということです」
ハリス「精神的皇帝?・・・何なんだ、それは。大君よりそのミカドの方が偉いということなのか?この国で最も偉いのは大君ではないということなのか」
井上「・・・」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.