開国の父 老中・松平忠固

【960】第10話 D4 『大老就任』≫

○江戸城・外観
『安政5年(西暦1858年)4月23日』

 

○同・謁見の間
上座に家定が座している。
下座には、老中陣はじめ、斉昭ら家門、大名が大挙して座っている。
口上掛「本日安政5年4月23日を以て大老就任を命ずる」
声「ははぁ」
平伏している男。

家定「よいな、井伊掃部守」
顔を上げると直弼。
堀田「!」
慶永「!」
斉昭「!」
驚愕する、堀田、慶永、斉昭。
直弼「謹んでお受けいたします。不肖この直弼、幕府のため、徳川家のため、一心不乱に務めを果たしてく所存にござりまする」
堀田「・・・」
慶永「こ、これは・・・」
斉昭「な、なんと・・・」
家定「頼むぞ」
一同の顔を見渡す家定。
忠固「・・・」
忠固、落ち着いた表情。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.