開国の父 老中・松平忠固

【991】第12話 D3 『エンドロール』≫

○太平洋
荒波の中進むポーハタン号と咸臨丸。
『同年2月井上清直、外国奉行罷免。10月7日橋本佐内、処刑。10月27日吉田松陰、処刑。11月中居屋、営業停止処分。12月石河政平、切腹』
N『日米修好通商条約締結時に設定した20%の一般関税は、7年後の慶応2年インド・清国と同じ一律5%に改定され不平等条約と言われるようになる』

 

○岩瀬邸
門には二人見張りが立っている。
庭にたたずむ岩瀬、悔しそうな表情。

 

○サンフランシスコ港
サンフランシスコ港に入港する咸臨丸とポーハタン号。
『翌年3月3日桜田門外の変にて井伊直弼暗殺、3月8日咸臨丸サンフランシスコ到着』
大勢の出迎えの人々。
紙吹雪のなか大歓迎される勝海舟や福沢諭吉ら幕府一行。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2021 All Rights Reserved.