開国の父 老中・松平忠固

【934】第9話 B2 『上府決定』≫

○玉泉寺・内
井上と岩瀬、通訳がハリス、ヒュースケン、ロシアのポシェット提督が会談している。
机に並べられた写真。
ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、香港などの写真。
岩瀬、目を輝かせて見ている。
岩瀬「これが西洋の街・・・」
井上「・・・」
さすがに驚きの色を隠せない井上。
ハリス、大きな態度でパイプをふかしながら、自慢げ。
ポシェットが写真を出す。
ポシェット「こちらがわが帝都サンクトペテルブルグです。オーケストラに興味がおありとか。わがサンクトペテルブルグオーケストラのチャイコフスキーの演奏を聞かせたいですな」
岩瀬、目を輝かせて
岩瀬「いいですな。ニューヨーク、ロンドン、サンクトペテルブルグ・・・。行きます。なんとしても行ってみせます」
ポシェット「ははは、それはどうですかな。ハリス殿の江戸上府さえ叶わぬのに」
岩瀬「・・・」
ハリス「・・・」
顔を見合わせる岩瀬、井上、ハリス、ヒュースケン。

時間経過。
ポシェットが帰り、残された四人。
岩瀬「ポシェット殿にはお話にならなかったんですね、江戸上府が決まり、もう来週には出発するということを」
ハリス「・・・。ロシアも付いてくるというのも困りますからな。それより貴殿らの方がロシアに隠して平気なのか。後でトラブルになるぞ」
井上「それはそれ。ハリス殿ヒュースケン殿は上様に謁見するのです。しっかり段取りを踏んでもらわねば困りますぞ」
ヒュースケン「ふふふ、日本人は本当に形式を重んじますな」
ハリス、ヒュースケン小声で
ハリス「言うことを聞いてやれ。皇帝に会えればこっちのもの。それまでの辛抱だ」
ヒュースケン「はい」
写真から目を離せない岩瀬。
井上、岩瀬を見て自分も写真を見る。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.