開国の父 老中・松平忠固

【820】第2話 A4 『初日の夜』≫

○浦賀(夜)
満天の星空。
三浦半島、向かいの房総半島の山の稜線に松明の火が灯っている。
ライトアップのように美しい。
月明かりに照らされるペリー艦隊。
一つの大砲から煙が出ている。
たった今、大砲を撃ち放ったのだ。
カンカンと陸地のあちこちで鐘の音が響き渡っている。
稜線の松明の火が所々消されていく。
不穏な雰囲気が充満している。

 

○サスケハナ・艦橋(夜)
コンティ大尉とペリーが陸の様子を見ている。
コンティ「よ、よかったのでしょうか」
ペリー「なにがだ」
コンティ「9時の時報を発砲してしまって」
ペリー「なぜだ」
コンティ「え、で、ですから、この発砲は時報であるのに相手が勘違いして宣戦布告だと判断してしまうのではと」
ふっと笑うペリー。

ペリー「ちょうどいい威嚇になる」
コンティ「ですが」
ペリー「あくまでこちらは実弾を放ったわけではない。相手が仕掛けてくるなら、戦端を開いたのは相手側だ。こちらには非はない。だが・・・」
ペリーを見るコンティ。
ペリー「おそらくその心配は杞憂となろう。この国の統治者は慎重だ。しかも兵士一兵に至るまで統治者の指示が行き届いている。私がもし戦慄を覚えるとするならば、今無謀な戦端が開かれることではなく、我々を包囲しているこの大兵力を完全に統率している組織力の方だ」
コンティ「はい」

 

○江戸城・御用部屋(夜)
戻ってくる水野。
忠優、川路、井戸が待っていた。
水野「どうやら一発だけのようです。それも空砲と思われ」
井戸「威嚇か、くっ、なめよって」
川路「かなり強硬ですな。今回はやはり・・・」
険しい表情の忠優。
忠優「・・・」
満天の星空。
次第に空が明るくなっていく。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2020 All Rights Reserved.