開国の父 老中・松平忠固

【980】第12話 A4 『快挙達成』≫

○品川沖
旗艦フュリアス号、レトリビューション号、リー号と快速船からなるイギリス艦隊が品川沖に停泊している。
『7月18日』

 

○イギリス旗艦フュリアス・外観
声「貴殿らが会ったのか」

 

○同・応接室
5人とイギリス一行が会談している。
水野「はい。私とこちらの永井とでスターリング提督と会い、日英和親条約を締結しました」
永井「懐かしいです。もう4年前になりますか。その後、私は海軍を任されまして。ようやく蒸気船も操縦できるようになったところです」
エルギン卿「そうか。貴殿らがスターリング提督と・・・。だからボウリング卿のこととかいろいろ詳しいのじゃな」
岩瀬「私とこちらの井上がハリス殿と日米修好通商条約を締結しました」
オリファント「なるほど。岩瀬殿なら条約締結も納得です。井上殿は開港場の下田責任者・・・。堀殿は何をされているのです?」
堀、西洋式の要塞の図面を見せる。
堀「私は函館奉行としてこちらの要塞を以てして、北方防衛を担当しています。ロシアのプチャーチン提督とも交渉しました」
オリファントとエルギン卿が要塞の図面を見て顔を見合わせる。
エルギン卿「・・・」
オリファントがひそひそと話しかける。
オリファント「いかがしますか、日本側の条約案ですが。交渉はわずか3回しかしておりませんが」
エルギン卿「さしあたりアメリカにスタンドプレーをさせねばよい。条約内容はアメリカと同等であるなら問題なかろう。わざわざ長く居座っても無益だ」
エルギン卿、立ち上がって手を差し伸べる。
エルギン卿「日英修好通商条約案はこれで結構だ。この後調印しよう」
5人「おお」
水野、立ち上がりエルギン卿と握手する。

 

○フュリアス・甲板
出てくる日英一行。
エルギン卿「あそこにあるのはエンペラー号。条約締結のお祝いにあの快走船を我が女王陛下から大君にお贈りする」
一同「おお」

 

○エンペラー号・甲板
甲板上でいろいろと準備がされている。
日本人の姿もある。
永井が操舵室を確認している。
はためくユニオンジャックの旗。
そのユニオンジャックが下ろされ、白地に赤い玉の旗が掲げられた。
その時、お台場の砲台から号砲。
正確に10秒おきに21発の礼砲が打ち鳴らされる。
エルギン卿「おわ、びっくりしたぞ」
オリファント「祝砲も正確に10秒間。お見事・・・」

 

○エンペラー号・機関
機関室で指揮を執る榎本釜次郎。
『榎本釜次郎』
榎本「ほう、さすが最新鋭。いろいろと改良されているな」

 

○同・甲板
永井が指揮し、矢田堀が操縦している。
『矢田堀景蔵』
矢田掘「永井様」
永井「よし」
動き出すエンペラー号

 

○フュリアス・甲板
動き出すエンペラー号。
エルギン卿「おいおい、いきなり日本人が操舵するか」
オリファント「これは驚きました。日本はすでに蒸気船を操縦できるレベルにあるのですな」
それに続くフュリアス号。
日の丸を掲げるエンペラー号がユニオンジャックのフュリアスを従えて、たくさんの遊覧船がにぎわっているなか、江戸湾を進む。
誇らしげに行進を見ている四人。
堀「水野様、やりましたね」
水野「ああ、やった。我らはやってのけた。見よ、この誇らしい光景を。あの世界最強のエゲレスの軍艦を、日の丸を掲げ日本人が操縦する蒸気軍艦が従えて航進している。こんな痛快なことがあろうか」
井上「・・・」
井上、感無量で涙を流している。
岩瀬「・・・」
井上を気遣い、視線をエンペラー号へ向ける。
岩瀬「(俺は絶対にメリケンかエゲレスに行ってやる。この目で世界を見るのだ)」
航進している二隻。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2021 All Rights Reserved.