開国の父 老中・松平忠固

【003】生糸貿易の始まり≫

生糸輸出の準備

我が国が幕末に開国した直後、いかに生糸貿易が始まったかを振り返りたいと思います。

(さらに…)

【002】松平忠固とは≫

18歳で上田藩主、36歳で老中に

松平忠固(忠優)は、文化9年(1812年)7月11日、姫路藩酒井家の二男として江戸で誕生。

17歳の時に上田藩主・松平忠学の養子となり、18歳で家督を継ぎ藩主となり上田に初入部します。

(さらに…)

【001】サイトについて≫

その名が知られていない松平忠固

松平忠固をご存知でしょうか。

幕末、日米和親条約・日米修好通商条約を締結した際の幕府閣僚・老中で、ペリー来航時に交易による積極的開国を主張した唯一の閣僚であり、上田藩主として名産の生糸を輸出する道筋をつけ、昭和にまで至る日本を支える生糸貿易へと導いた人物です。

(さらに…)

開国の父 老中・松平忠固

PAGE TOP

© 開国の父 老中・松平忠固史 2023 All Rights Reserved.